フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 勤務医の世界でも問題になっている 名ばかり管理職! | メイン | 大淀事件傍聴記 閑話休題編 その2 »

コメント

ばあば

物事って、第三者が入ると予想外な事態に転がってしまって、当事者には止められなくなるってことありますよね。

で、当事者にとっては予想外で決定的な事態になってしまうことも。

裁判を傍聴していて、そんなことも思いました。

ばあば

それと、「腹に入らない」って事もありますよねぇ。ウチの実家周辺ではこういう風に表現します。「頭では判るけど、腹に入らない」 つまり、自分で自分に心底納得させられないって事。

遺族の方々の「喪の仕事」は、あらぬ方向に行ってしまって、未だ終えられないのでしょう。

タカ派の麻酔科医

呼吸中枢に障害が及びつつあるなら,呼吸のパターンが変わってくるのですが,自発でいけるという判断をしたのなら,多分問題なかったのではないかと思います,しかし,判断した方の,知識や経験が足りなければ,異常なパターンを認識できなかったかもしれません.麻酔科の専門医となるための勉強をする場合でも,妊婦は,注意すべき状態の患者ですが,一般の内科医で,どれほどの知識があるのかはわかりません.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)