フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 産科医療補償制度報告書o(^-^)o..。*♡ | メイン | 勉強会等のお知らせo(^-^)o..。*♡ »

コメント

お産はやめました。

HPV感染の多くが免疫により自然に排除されてしまうなら、本人の免疫能力。。。の他に、セックスによるウィルスの頻繁な供給、再感染が頸がんのリスクとして考えられるでしょう。
さすれば、コンドームをずっとしてた方がOCを服用して(コンドームなしで)セックスをするよりもリスクが低いのはあたりまえ

OCのせいで頸がんが増える。。のではなくて、セックスをコンドームなしでするからなんだと思いますが、これをどっちでも同じことだと考えるかどうかですよね。

麻酔科医

レス違いですが、以下のようなニュースをネットで拾いました。

私は、学生時代も麻酔科医になってからも、女性は、胎児期にできた卵子を大事に一生使うもんだと思っていたんですが、そういう常識がかわっていくのでしょうか?
不妊治療にとっては、僥倖となる発見かもしれませんが、もし、この研究がすすんで今は、42才くらいで、出産が終わるのが、50台60台でも自分の卵子で妊娠できる時代が来たら、産科の先生は大変だな、、と思いました。まあ、帝王切開の麻酔にも影響があるのかもしれません。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120301002&expand#title
卵子は次々に作られる、幹細胞の新研究

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)