フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 本日の医療ニュース..。*♡ 7月6日 | メイン | 米国(ハワイ州)における産科オープンシステム »

コメント

ナカムラ

こんにちは はじめてメールさせていただきます ネットでシャーガス病のことを調べていまして、当ホームページを興味深く読ませていただきました というのは妻の母がシャーガス病と診断され、妻も心臓が痛いとよくいいます 妻は南米出身なので感染確率が高いかなと それで診察してくださるとこを探していますが、なにぶん素人なのでわかりません よろしければ診察してくださる病院を教えてくださえばうれしいです 当方福井県に住んでいます あつかましいお願いですが、なにとぞよろしくおねがいいたします

僻地の産科医

慶応大学でしょうか。。。。
主治医に、三浦左千夫先生を探して相談してもらってくださいませ。よろしくお願いします。

日本全国どこでも治療や助言が得られるような病気ではないと思います。

ナカムラ

ほんとうにありがとうございました 機会をつくっていきたいと思います ありがとうございます

三浦左千夫

旧慶應大学医学部・熱帯医学寄生虫学教室におりました三浦です、定年退職後、日本赤十字中央血液研究所・感染症解析部に移りシャーガス病に関する対策に関連しています。 警鐘を鳴らしてから6年も経ちましたが、ついに2例先天性感染シャーガス病を示唆する症例に出くわしました。1例目については母子手帳などから
関係機関が判明し、出産に立ち会った医師など医療関係者の二次感染の有無について抗体検査を実施いたしましたが、幸い全員陰性でした。その子は既に16歳に成長し無症状で元気に通学をしておりますが、予防治療をいたしました。
第ニ例目に関しては母子ともに抗体陽性で13歳(日本生まれ)になろうとしていますが未治療です、
いずれも日系ボリビア人の母親です。ご心配の方は相談に応じますご連絡ください。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)