フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« ルポ医療崩壊 病院を壊すのは誰だ | メイン | 本日の医療ニュース..。*♡ 9月13日 »

コメント

大森 義範

>1.誘導期
 意識消失、瞳孔拡散、対光反射消失、眼筋痙攣、顔面痙攣を認める

瞳孔も開いて、対光反射もなくなるんですね。

意識障害を発症した妊婦さんを診る可能性を考えると、大変勉強になります。

一産科医

ところで、脳出血の痙攣に硫酸マグネシウムを投与すると、痙攣はおさまるのでしょうか?脳外科の先生、教えてください。

産科だとこのような場合、子癇と考えてとりあえず硫酸マグネシウムを投与すると思いますが。

ママサン

ご報告になっている事の意味は、私には正直言って判りません。
でも大森様がお書きになっているように、きっと現場の医師たちにとっては非常に重要なことなのだと思います。

それはきっと大淀のケースの有責無責を問うためだけではなく、困難な症例に出会ったときの対処の方法を、学会ではなく、ネットという普通に現場にいる医師たちが交換し合えると言うことではないかと強く感じました。

大森先生の、「大変勉強になりました」。
僻地の産科医さんの努力が、もしかしたら、大森先生の患者を救うことになるかもしれないと。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)