フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 本日の医療ニュース..。*♡ 11月20日 | メイン | 本日の医療ニュース..。*♡ 11月21日 »

コメント

HDsurgery

ななのつぶやき
みましたかぁ

琴子の母

>私は、「常勤でいることがありがたい」と今でも思っているし、
「経産婦」でありながら「常勤口がある」ことがありがたいと思ってきた。
>それは妊娠した途端、やめろといわれた悲しい女性の心の弱点でもある。
---
私は医師にはなれない、患者さんを助けることは出来ないけれども、患者さんを助けようとしている僻地の産科医さんのお子さんを預かるとか、そういうことは出来る。
女性が働く女性を支えるべきなのかもしれませんね。

physician

いやいや、これ本当に大事ですよ。
病院のタイムカードとかあてにしてはいけなくて、ちゃんと日記でもいいから何時に病院に出勤して何時に退勤したかをメモしておくべきです。
余裕があれば当直中の実働時間のメモも。

さまようSE

労働時間の記録は、ノートにつけておくだけでもいいそうです。
私のような業界では、みんなよくそうしてます。
会社に労働時間が改ざんされないとも限らないので、ノートに、出社時間、帰社時間を毎日自分のノートに記録してます。
たしか自分の記録でも十分証拠になると社労士の友人に聞いたので。
先生も出社時間、帰社時間を記録されたほうがいいと思います。

僻地の産科医

ノートですね。
まずはノートから買ってこようかな。。。

当直時間は「労働時間じゃない」というのをはじめてみた時にはショックでした。世界の価値観がすべてひっくり返りました。
「当直表」があれば、自分の労働時間なんて一目でわかるとおもっていたから。

なな先生のところ、あとでお伺いしますo(^-^)o

cobonzu

ちょっと古めのところつついて申し訳ありませんが、週何時間労働くらいになりました?

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)