フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 「異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟」第2回勉強会!! | メイン | ダイエット 行き過ぎると胎児に影響も »

コメント

麻酔科医

検視にエコーを行なう記事の続報です。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/takenaka/200903/509902.html

2009. 3. 19

5県警が検視用にエコーを配備—死因究明にどこまで有効か?


内ヶ崎西作先生(日大法医学教室)の「超音波診断の応用について」(「画像診断と死亡時医学検索シリーズ—5」モダンメディア 53巻12号2007)という論文
http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0712-04.pdf

は、臨床でエコーを使っている感覚からすると妥当な内容でしたが、
血栓があると、静脈径が変化しないことから、大腿静脈血栓を診断が可能など、読んで面白い内容でした。


麻酔科医

特集●こんな場面でエコーが活躍

骨折の初期診断、X線よりもエコーが使える
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t040/200903/509921.html

なるほど、検視にエコー、納得の記事です。
肋骨骨折のエコー像には、納得。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)