フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 産科補償制度で保険会社は「ぼろ儲け」? | メイン | 倫理問題を「個人の悩み」にしないために »

コメント

鶴亀松五郎

僻地の産科医先生、お疲れ様です。
小松先生がおっしゃっていらした「英国内で医師の処分を行っている組織は法律が活動の根拠であるために、医師の自律が守れなくなった」、「国で医師の処分を行っている組織は「医療法」が活動根拠であるため、自律処分の内容が大きな影響を受けているとする例を紹介。」

私も1年前に、小松先生が仰っているような事実が英国で起きていることは、ネットを通じて知っていました。
ただ、英国でも医師の間で意見が
分かれており、英国医師会は今回の動き、医師委員を減らして一般人増やすことに懸念をもっているとのコメントを医師会のプレス・リリースで公表しています(下記のURLとは別内容)。

下記はBritish Medical Journalの2007年2月のニュース欄掲載されている内容です。

Doctors lose power to regulate their profession
Clare Dyer, legal correspondent

http://www.bmj.com/cgi/content/full/334/7590/389-h

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)