フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 経口避妊薬(oral contraceptive : OC)と卵巣癌の予防 | メイン | 子宮内膜症 目次 »

コメント

風はば

>脳神経外科医によるバックアップ体制は必要だが、t―PAは点滴によって血栓を溶かすので、講習を受けていれば内科医でも行うことができる。医師の限られた地域では、特定の医師の負担を減らすことができるのではないか

t-PAは安易に使用すると出血性梗塞のリスクがあります。3時間以内という縛りも大変厳しいです。
内科医でも行うことが出来るといっても、脳出血を起こしてしまえば内科医だけでtは太刀打ちできません。
脳神経外科の支援が得られない施設で、内科医はt-PAに手を出してはいけないと思います。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)