フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 産婦人科医としての妊娠・出産・育児について | メイン | 育休男性わずか3人 県内331社3年余りで/岡山 »

コメント

YUNYUN

揚げ足取りツッコミ。

> 問題は補助率「1/3(負担割合:国1/3,都道府県1/3,市町村1/3,事業者1/3)」というような記述のなかにあった(厚労省の配付資料より抜粋)。

例示ということですが、数値が妙ですね。
国に1/3、都道府県に1/3、市町村に1/3、事業者に1/3の金額を出させたら、合計は4/3となり1を超えます。
お金が余ってしまうではないか!

元の厚労省資料
◆救急医療対策関係平成21年度予算案
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/02/dl/s0203-6c.pdf
>●休日夜間救急患者受入医療機関支援事業(新規)
>(補助率)1/3(負担割合:国1/3、都道府県1/3以内、市町村1/3以内、事業主2/3以内)

「以内」が付いております。これなら合計が1に納まりますね。

僻地の産科医

YUNYUNさま、ありがとうございました!
記者の方からご連絡があり、文章を治しましたとのことでしたので、こちらでも訂正させていただきました!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)