フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 無差別殺傷事件の救命活動と課題  現場で救急処置に当たった経験から | メイン | 昨日と今日の医療ニュース ..。*♡ 6月30日 »

コメント

YUNYUN(弁護士)

よくまとまっていると思います。
一つ、付け加え。

「刑事責任追及」の段には、

  警察が捜査することは自由

と入れるべきなのでは?
厚労省案も民主党案も同じですが。
警察の捜査端緒は、告訴でなく単なる被害相談でも、病院関係者の内部告発でも、新聞に出た話でも、ちまたの噂話でも、何でも構いません。
その気になったら、いつでも捜査できる権限があります。
これは、今まで通りです。

また、民事責任追及についても、今まで通り、両案とも、全く制約はありません。
患者や家族は、たとえ既に第三者委員会や警察や医道審議会が動いていても、それらの機関とは別に、自由に民事訴訟を提起できます。
医療者側としては、売られた喧嘩は買わなければなりません。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)