フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« 「異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟」第2回勉強会!! | メイン | ダイエット 行き過ぎると胎児に影響も »

コメント

麻酔科医

検視にエコーを行なう記事の続報です。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/takenaka/200903/509902.html

2009. 3. 19

5県警が検視用にエコーを配備—死因究明にどこまで有効か?


内ヶ崎西作先生(日大法医学教室)の「超音波診断の応用について」(「画像診断と死亡時医学検索シリーズ—5」モダンメディア 53巻12号2007)という論文
https://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0712-04.pdf

は、臨床でエコーを使っている感覚からすると妥当な内容でしたが、
血栓があると、静脈径が変化しないことから、大腿静脈血栓を診断が可能など、読んで面白い内容でした。


麻酔科医

特集●こんな場面でエコーが活躍

骨折の初期診断、X線よりもエコーが使える
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t040/200903/509921.html

なるほど、検視にエコー、納得の記事です。
肋骨骨折のエコー像には、納得。

この記事へのコメントは終了しました。