フォトアルバム

サイト内検索

  • Google Custom Search

2013年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめブログ

最近のトラックバック

« あけましておめでとうございます(>▽<)!!! 2009年の医療ニュース ..。*♡ | メイン | 司法改革は正しい方向へ向かっているのだろうか? 目次 »

コメント

安全調査委員会関連おしらせ

https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/news/200812/22.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
厚生労働省では、医療事故による死因の原因究明・再発防止等の在り方について、「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」を通じて議論を深めてまいりました。

これまで3次にわたり試案を公表・意見募集を行い、これに加え6月には第三次試案を踏まえた法律案のイメ-ジとして「医療安全調査委員会設置法案(仮称)大綱案」への意見公募についても進めているところです。

これを受けて関東信越厚生局では、この問題について関係する立場の方々にご参画いただき、国民の皆様にご理解を深めていただくことを目的としてシンポジウムを開催いたします。

具体的には、医療安全調査委員会(仮称)について意見交換と、この制度に関連して実施されているモデル事業(診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業)の取り組みを紹介する予定です。

1. 日時
平成21年1月31日(土曜日) 13時30分~16時00分(受付は13時から)

どなたでもご自由にご参加できます。参加費は無料です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パネリスト
社団法人 日本病院会からの推薦者
社団法人 全日本病院協会からの推薦者
弁護士
「医療の良心を守る市民の会」からの推薦者
--------------------------------
勝村先生もいらっしゃるかも・・・・・

お弟子

>谷口日出夫庁長「初任給調整手当も算定に入れざるを得ず、支払う方向で検討している。」

 う~ん、時間外手当の算出方法を知っていれば、これを算入することは争うまでもなく当然のことと思うんですが、少しでも支払い少なくしようと誤魔化したらばれてしまって、世間体へのただのいい訳を取り繕っておかなきゃな、という庁長コメントなんでしょうか?

hirakata

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

いいなあ。私も病院への「貸し」が時間外だけでも数百万、ボランティアで待機している分も数百万ある計算ですが、泣き寝入りせざるを得ないかなあ(おとなの判断で)。病院が自主的に払ってくれることを期待しますが、今年度はかつてない赤字額だそうなので、無理だろうな。

KK

教授,医局長は,関連病院で働く医師の労働環境に気を払うべきだ
https://consultanthokkaido.web.fc2.com/IkyokuJikangai.html

KK

<4日付の「東京新聞」のスクープです>
医師による全国統一の労働組合「ドクター・ユニオン」が今春結成されることが三日、分かった。
医師が加わる全国規模の労組としては、看護師や介護従事者ら幅広い職域の人たちで構成する日本医療労働組合連合会などがあるが、医師だけでつくる全国規模の労組は初の試み。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009010402000058.html


この記事へのコメントは終了しました。